NY金:小幅反発で1283.80ドル、仏選挙を控え動意に欠ける展開

2017年4月21日 07:24

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*07:24JST NY金:小幅反発で1283.80ドル、仏選挙を控え動意に欠ける展開
NY金先物6月限は小幅反発(COMEX金6月限終値:1283.80↑0.40)。1278.00ドルから1285.20ドルのレンジで推移した(時間外取引含む)。ドル指数は99.8台と目立った動きは観測されなかったことで、金は動意に欠ける格好となった。週末のフランス大統領選挙の第一回投開票を前にポジション調整的な売買に終始した様子。

日足チャートでは、200日移動平均線(1266ドル水準)を上回っている。昨年11月10日以来の1300ドル台回復を前に上値は重いが、200日線をサポートとした格好に。《DM》

「マーケット」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告