区割り審答申「真摯に受け止め、対応」、民進・馬淵氏

2017年4月21日 07:32

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

民進党の馬淵澄夫選対委員長は19日、衆院選挙区画定審議会(区割り審)が6県で定数1減、19都道府県97選挙区で区割り変更を示したことに「広大な選挙区が増えたが、こうした地域では過疎化の問題がある」とし「地方切り捨てではないかと問われることにもなる」と課題をあげた。

 一方で1票の格差是正は憲法の要請とし「1票の格差は2倍以内ということなので、選対責任者として真摯に受けとめ、取り組んでいく」と真摯に受け止め、対応していくとの考えを示した。記者団の質問に答えた。

 馬淵選対委員長は記者団に対し「特徴として新たに分割される自治体が26、分割が解消される自治体が9で、差し引きで分割自治体が17増えた。総数で105となった」とするとともに「これだけ大幅な区割り変更があった。有権者に対して丁寧かつ精緻なお願い、説明をしていかなくてはならない」とした。

 また、選挙での野党連携での候補者調整について「まず、わが党の候補者が勝てる選挙区という形で候補者調整、候補者の底上げをするのがわれわれの仕事」としたうえで「候補者が重なっているところを調整していく」考えを示した。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
1月の解散「党利党略露骨過ぎ。大義名分は?」
衆院解散「全く考えていない」安倍総理
早期にアダムズ方式導入が必要と強調 安住氏
衆院選挙制度 22日与党案と民進案が審議入り
衆院選挙制度改革 大島議長答申に各党の対応は

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード民進党憲法選挙過疎

「国内政治」の写真ニュース

政治・社会の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_society

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース