日経平均テクニカル:パラボリックは陽転シグナルが発生

2017年4月20日 18:15

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*18:15JST 日経平均テクニカル:パラボリックは陽転シグナルが発生
小幅ながら4日ぶり反落。狭いレンジでのこう着となり、大引けにかけて下げに転じているが、辛うじて5日線を上回っている。ボリンジャーバンドでは-1σと-2σとのレンジ内での推移が続いているが、-1σに上値を抑えられる格好となった。バンドは下降が続いているため早い段階で-1σ突破が待たれるところである。一方、パラボリックはSAR値にタッチしたことから、陽転シグナルを発生させてきている。ただ、SAR値は18230円処に位置するため、再び5日線を下回り、-2σ辺りに接近する流れとなるようだと、今回の陽転シグナル発生がダマシとなろう。MACDは陰転シグナルが継続しているが、シグナルとの乖離は若干縮小してきている。《SK》

「東京株式市場」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース