関電美浜1、2号機など4電力の原発5基廃炉

2017年4月20日 11:56

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 原子力規制委員会は19日、福井県にある関西電力美浜原発1号機、2号機はじめ同じく福井県にある日本原子力発電敦賀原発1号機、島根県にある中国電力島根原発1号機、佐賀県にある九州電力玄海原発1号機の合計5基の廃炉を認可した。いずいれも運転開始から40年を経過しており、「原発原則40年」規定に基づいて廃炉申請が出されていた。

 このうち関西電力は廃炉の認可を受けたことを福井県に報告したとしたうえで、自社HPで「廃止措置の実施にあたり、認可を受けた廃止措置計画に基づき、安全を最優先に取り組んでいく」とコメントを載せるとともに、廃炉計画を示した。

 計画では平成29年度から33年度にかけて解体準備を進める。34年度から47年度で原子炉周辺設備の解体撤去を行う。48年度から53年度で原子炉領域の解体、撤去を行い、54年度から57年度で建屋など解体撤去するとしている。

 関西電力は20日に廃炉措置業務を総括的に監督する「廃止措置主任者」を選任し、発電所に専任所員人を配置することにしている。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
形骸化する40年ルール、美浜3号60年運転へ
原発再稼働への手続き次々「理解できない」
琵琶湖保全と再生の法律案 全会一致で成立
廃炉1、2号機 廃炉措置研究のパイオニア活用
老朽化原発が負の遺産と化す日 廃炉費用を電気料金に転嫁か

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード福井県島根県佐賀県原子力発電所九州電力原子力規制委員会関西電力中国電力廃炉

「原子力発電・放射能」の写真ニュース

政治・社会の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_society

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース