VW、新EVをイメージした重要な1台「I.D. CROZZ」を上海で公開

2017年4月20日 11:58

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

フォルクスワーゲンがアヴァンギャルドなデザインのEV「I.D.CROZZ」を上海モーターショーで世界初公開した。SUVというが、サイドミラーを廃したエレガントな4ドアクーペに見える。ボディサイズは同社のSUV「Tiguan」と同等だ

フォルクスワーゲンがアヴァンギャルドなデザインのEV「I.D.CROZZ」を上海モーターショーで世界初公開した。SUVというが、サイドミラーを廃したエレガントな4ドアクーペに見える。ボディサイズは同社のSUV「Tiguan」と同等だ[写真拡大]

写真の拡大

 独フォルクスワーゲン(VW)は現在、先進的なコンセプトに基づいたアヴァンギャルドなデザインの一連の電気自動車(EV)を開発中だ。おそらく、本格的な生産開始は2020年ごろとなりそうという完走が多い。

 そして今回、VWは「2017年上海 モーターショー(第17回上海国際自動車工業展覧会/プレスデーは4月19日〜20日、一般公開日が4月21日〜28日)」で、VWの新しいEVをイメージできる重要な1台を公開した。

 コンセプトモデル、VW「I.D.CROZZ」である。

 VW「I.D.CROZZ」は、電気で走るVW初のクロスオーバーユーティリティビークル(CUV)だ。CUVとは、4ドアクーペとSUVの特徴を融合したクルマを意味している。

 「I.D. CROZZ」は、2016年にパリで初めて発表して大きな注目を浴びた「I.D.」、2017年1月にデトロイト初公開「I.D. BUZZ」に続く、「I.D.」シリーズ第3弾となる。

 このゼロエミッションビークル(ZEV)は、先に発表したEV同様に長い航続距離を実現しており、斬新なEV専用のデザイン、完全に新しい室内Conceptを採用している。スポーティなエクステリアを持つ「I.D. CROZZ」は、2020 年における電気自動車が、多彩なものになることを十分に予感させる。

 VW「I.D.CROZZ」は、スポーティでインタラクティブな性格を備えたZEVのオールラウンダーで、電気による4輪駆動システムは、 街乗りでも、冒険心を満たすオフロード走行でも、感動的な走りを実現する。モーター出力が225kWの「I.D.CROZZ」の最高速度は180km/hで、1回の充電で最大500kmの走行可能だ。搭載する高性能バッテリーは出力150kWh。急速充電器を使えば、わずか30 分で80%の充電が可能だ。

「I.D.CROZZ」は、VW最新で主力のSUV、新型「Tiguan L」(中国)/「Tiguan Allspace」(ヨーロッパ)と比較すると、ボディサイズがやや小さく、ルーフラインも低くなっている。が、室内スペースは同等を確保している。秘密は「I.D.CROZZ」の車両設計にあり、先に発表した「I.D.」、「I.D.BUZZ」と同様、VW が新たに考案したモジュラーエレクトリックドライブマトリックス(MEB)に基づいて設計している。

 MEB モデルは、前後のアクスルと駆動関連システムが、通常よりも離れており長いホイールベースが得られやすい。駆動系モジュールは、コンパクトに設計され、バッテリーは車体のフロア下部に設置する。シートアレンジも非常に多彩に設計でき、目的に合わせて広いスペースを作り出すことが可能だ。この広大で使い勝手も考え抜かれたスペースは、一般的なクラスの概念を打ち破るものだ。(編集担当:吉田恒)

■関連記事
フォルクスワーゲン「Polo」の特別仕様車「Meister」シリーズ販売開始
フォルクスワーゲン、新型5ドアグランツーリズモ「Arteon」を発表
1800万台の自動車グループ誕生。トヨタとスズキ、業務提携に向け覚書締結
フォルクスワーゲンの10年後が透けて見える電動車コンセプト「I.D. Buzz」
フォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」第2世代、日本上陸

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワードSUV電気自動車フォルクスワーゲン(VW)上海モーターショー

関連する記事

「自動車・バイク新製品」の写真ニュース

企業・産業の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース