19日の日本国債市場概況:債券先物は151円18銭で終了

2017年4月19日 18:29

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*18:29JST 19日の日本国債市場概況:債券先物は151円18銭で終了
<円債市場>
長期国債先物2017年6月限
寄付151円18銭 高値151円20銭 安値151円13銭 引け151円18銭
売買高総計19301枚

2年 375回 -0.215%
5年 131回 -0.175%
10年346回 0.005%
20年160回 0.555%

債券先物6月限は、151円18銭で取引を開始。前日のNY市場で指標の悪化などから米国債が買われた流れを受け、買いが先行し、151円20銭まで上昇した。その後、いったん売られて151円13銭まで下落した。現物の取引では、2年債が売られ、5年債、10年債、20年債が買われた。

<米国債概況>
2年債は1.18%、10年債は2.20%、30年債は2.86%近辺で推移。
債券利回りは上昇。(気配値)

<その他外債市況・10年債>
ドイツ国債は0.19%、英国債は1.04%、オーストラリア10年債は2.45%、NZ10年債は2.90%で推移。(気配値)


[本日の主要政治・経済イベント]
・20:00 米・MBA住宅ローン申請指数(先週)(前回:+1.5%)
・01:30 ローゼングレン米ボストン連銀総裁講演
・03:00 米地区連銀経済報告(ベージュブック)《KK》

関連する記事

「東京株式市場」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース