太陽電池パネルを設置する米国の炭鉱博物館

2017年4月17日 07:32

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

米国・ケンタッキー州ベンハムのケンタッキー炭鉱博物館では、建物で使用する電力の大半を賄うために太陽電池パネルを設置するそうだ(ニュースリリースArs Technicaの記事NBCi4.comの記事)。

炭鉱の町として最盛期には人口3,000人に達したベンハムだが、現在は500人程度まで減少している。博物館は炭鉱が栄えた州の歴史を残すため、州の援助も受けて1994年に開館した。博物館の設置を提案した当時の州議員 Roger Noe氏は、炭鉱博物館に太陽電池パネルを設置するのは少し皮肉だが、石炭も太陽も自然から来たものだなどと述べているとのこと。

パネルの設置を行ったBluegrass Solarは、最初に話を受けたときに耳を疑ったそうだが、博物館の入る建物は日当たりがよく、設置に適した場所だという。博物館を所有するSoutheast Kentucky Community & Technical Collegeでは、年間8,000ドル~10,000ドルの電気料金節約を期待しているとのことだ。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | ハードウェア | 電力

 関連ストーリー:
太陽光発電は石炭火力の2倍以上の雇用を米国で生み出している 2017年02月14日
中国、石炭火力発電所104カ所の建設計画を停止 2017年01月24日
インドの石炭火力発電所で二酸化炭素を回収し重曹に転換するシステムが導入される 2017年01月12日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

「太陽電池・太陽光発電」の写真ニュース

環境・エコの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース