銀座エリア最大の商業施設「GINZA SIX」が20日に開業

2017年4月15日 06:29

小

中

大

印刷

複合商業施設「GINZA SIX(ギンザ シックス)」(森ビル発表資料より)

複合商業施設「GINZA SIX(ギンザ シックス)」(森ビル発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 J.フロント リテイリングと森ビルなど4社は14日、東京銀座エリアで最大となる商業施設「GINZA SIX(ギンザ シックス)」を20日に開業すると発表した。

 同施設は、銀座6丁目の銀座中央通りに面し、間口約115m、奥行き約100m、延床面積約14万8,700平方メートルの広さをもつ大規模複合施設。商業施設を中心に、伝統芸能の拠点「観世能楽堂」、国内外の顧客を迎え入れる観光バス乗降所や観光案内所、日本の四季が楽しめる銀座で最大の約4,000平方メートルの屋上庭園や、都内で最大級となる1フロアの貸室面積が約6,140平方メートルの大規模オフィスなどを備える。

 商業施設には、241の世界ブランドが出店、うち半数以上の121店舗が旗艦店と、ブランド各社にとって特別な位置づけの店舗が集結している。

 施設の象徴となる吹き抜け空間は、世界で活躍する前衛芸術家・草間彌生氏が制作したアート作品によって彩られている。(阪木朱玲)

関連キーワード銀座ギンザ シックス(GINZA SIX)

「スーパー・コンビニ・百貨店」の写真ニュース

企業・産業の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース