細火工 連日のストップ高、東アジア・中東情勢受け防衛関連物色続く/新興市場スナップショット

2017年4月10日 14:04

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*14:04JST <4274> 細火工 925 +150
連日のストップ高。北朝鮮で最高人民会議や故金日成主席生誕105周年記念日など重要なイベントが控えるなか、米海軍が朝鮮半島周辺に原子力空母カール・ビンソンを中心とする第1空母打撃群を派遣したことが伝わっている。北朝鮮をけん制する狙いとみられている。米軍が巡航ミサイル攻撃を行ったシリアを巡る混乱もあり、引き続き地政学リスクの高まりが意識され、同社など防衛関連銘柄に物色が向かっている。《HK》

広告

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告