シャープが3年10カ月ぶり高値、東証1部への復帰期待や米子会社の訴訟解決など好感

2017年4月3日 12:51

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■当面は東芝との比較で好投資対象との見方も

 シャープ<6753>(東2)は3日の後場4.5%高の491円(21円高)で始まり、前場の504円高(34円高)に続いて2013年7月以来3年10カ月ぶりの高値に進んでいる。直近の手掛かり材料としては、31日付で、米国子会社のうち1社が関連していた訴訟が相手方の取り下げにより解決したと発表したことがあるが、東芝<6502>(東1)との比較で「当面は買い妙味がある」(市場関係者)と注目する動きがある。

 底流には、2017年中には東証1部に復帰するとの期待がある。このところは3月24日から終値で下げた日がなく、一部には、今年前半にも東証1部への復帰を期待して臨む向きもあるようだ。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【編集長の視点】エルテスは続落も新サービス提供開始で成長可能性を見直し直近IPO株買いの再燃が有力(2017/01/06)
【株式評論家の視点】キャリアは「働き方改革」の推進で、アクティブシニアの就労機会を創出(2017/01/07)
【編集長の視点】スタジオアタオは反落も独自ビジネスモデルの高評価が続き直近IPO株買いで上値チャレンジ余地(2017/01/10)
【株式評論家の視点】アグレ都市デザインは価格以上の価値を顧客に提供できることが強み(2017/01/11)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連する記事

「個別株」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース