武雄市、TSUTAYA図書館批判で市幹部が自宅や家族の職場に

2017年3月31日 08:28

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 佐賀県武雄市は、TSUTAYAを運営するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)に市立図書館の運営を委託していることで良い意味でも悪い意味でも有名となったが、この武雄図書館に対して市民が新聞に批判的な投書を行ったところ、市の幹部らが投稿者の自宅やその家族の職場にやってきて説明を行ったそうだ(朝日新聞)。

 また、この投書については武雄市議会でも取り上げられ、投稿者の家族の職業などについても触れて批判が行われたという。こういった行為に対しては当然ながら批判が出ている。

 スラドのコメントを読む | YROセクション | 検閲 | YRO

 関連ストーリー:
山口県周南市、新徳山駅ビルの指定管理者にCCCを指定 2016年08月15日
武雄市の幼稚園、清掃後のプールにEM菌を投入 2016年08月08日
海老名市のCCCによる図書館運営、返上していたPマークが資格要件となっていた 2016年01月14日
CCCとの協業解消を明らかにしたTRC曰く、CCCの独自分類は「個人の本棚」 2015年10月30日
武雄市が公式ウェブサイトを刷新、Facebookへの完全移行をやめる 2015年08月25日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード佐賀県カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)TSUTAYA

「社会」の写真ニュース

政治・社会の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_society

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース