アスカネットが大幅反発、空中結像事業の海外展示会や国際Eコマースなど好感

2017年3月21日 12:36

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■海外では「ASKA3D」などのブランド名で展開、株価は波状的な上げ相場の谷間の印象

 空中結像技術などのアスカネット<2438>(東マ)は21日の前場、大幅反発となり、前引けにかけて9%高の1881円(156円高)まで上げ、東証マザーズ銘柄の値上がり率4位に入った。21日付で、空中結像技術を実用化したエアリアルイメージング事業(以下AI事業)の3月から6月にかけて予定している海外展示会の出展内容が確定したと発表。海外での認知拡大などに期待が広がった。

 発表によると、海外ブランド名は「ASKA3D」、プレート名称は「ASKA3D-Plate」とし、AI事業の海外向け専用ウェブサイトもオープンする。空中結像が可能な光学デバイス(ASKA3D-Plate)の本格的海外展開のための専用ウェブサイト(https://aska3d.com)を3月21日にスタート(English、簡体中文、繁體中文)。このサイトでは、ASKA3Dの活用方法や様々な活用用途も紹介し、また、ASKA3D-Plateを、少量であれば国際Eコマースを利用して、各国から購入することができるという。

 このところの株価は、AIプレートの国内用ネット販売サイトのオープンなどが好感されて2017年1月下旬の1050円どころから3月初にかけて2347円まで上げた。直近にかけては調整基調だが、上げ幅の3分の1前後の水準に差しかかっており、波状的な上げ相場の谷間と見て注目する様子がある。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【編集長の視点】エルテスは続落も新サービス提供開始で成長可能性を見直し直近IPO株買いの再燃が有力(2017/01/06)
【株式評論家の視点】キャリアは「働き方改革」の推進で、アクティブシニアの就労機会を創出(2017/01/07)
【編集長の視点】スタジオアタオは反落も独自ビジネスモデルの高評価が続き直近IPO株買いで上値チャレンジ余地(2017/01/10)
【株式評論家の視点】アグレ都市デザインは価格以上の価値を顧客に提供できることが強み(2017/01/11)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

「個別株」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告