東京センチュリー 中国最大手冷凍空調機器メーカーグループと合弁会社設立

2017年3月21日 11:02

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*11:02JST 東京センチュリー---中国最大手冷凍空調機器メーカーグループと合弁会社設立
東京センチュリー<8439>は17日、中国遼寧省大連市の大連氷山集団有限公司(以下、氷山集団)グループと合弁会社を設立し、新会社が東京センチュリーの持分法適用関連会社になると発表した。

中国政府系企業である氷山集団は、中国国内において工業用冷凍冷蔵設備、各種エアコン、飲料自販機などの製造販売を手掛けるほか、パナソニック<6752>や富士電機<6504>などの日系企業とも取引のある中国最大手の冷凍空調機器メーカーである。
氷山集団が自社製品のさらなる販売促進を図るべく、グループ内に新たにリース会社を設立するにあたり、東京センチュリーグループが長年国内外で培ってきたリース・ファイナンスのノウハウを提供することで合意し、新会社を共同で設立することとした。

新会社は、氷山集団グループの冷凍・冷蔵機械などの主力製品の販売促進に向けたベンダー・ファイナンスを主な事業とし、東京センチュリーグループと共同で氷山集団グループの販売金融体制をさらに強化することにより、新たなビジネスの拡大を図っていく考え。《TN》

「個別株」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース