Qualcomm、Snapdragon製品の呼称を「プラットフォーム」に変更へ

2017年3月21日 00:14

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

Qualcommは16日、これまで「プロセッサー」と呼んでいたSnapdragon製品について、今後は「プラットフォーム」と呼ぶことを発表した(Qualcomm — OnQ Blogの記事Neowinの記事Ars Technicaの記事)。

Snapdragonの中心になるチップはモデムやCPU、GPU、DSPを統合したSoCであり、それ自体は単一のプロセッサーの形状をしている。しかし、SoCと組み合わせて動作するように作られたさまざまなテクノロジーがチップの外部に存在し、全体で一つのSnapdragonプラットフォームを構成するため、プロセッサーと呼ぶのは適切ではないとのこと。

なお、今後はプレミアム製品向けのモバイルプラットフォームでのみ「Qualcomm Snapdragon Mobile」ブランドが使われ、現行のSnapdragonプロセッサー200番台に相当する製品については「Qualcomm Mobile」ブランドで展開される。ブランドの変更は数か月かけてロールアウトしていくとのことだ。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | モバイル | テクノロジー | ビジネス | ハードウェア

 関連ストーリー:
ARMマシンで動作する「Windows Server」、MicrosoftやQualcommなどが発表 2017年03月10日
米連邦取引委員会に続き、AppleもQualcommを訴える 2017年01月22日
米連邦取引委員会、反競争行為の疑いでQualcommを提訴 2017年01月21日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードSnapdragonQualcomm

関連する記事

「PC・ハードウェア・周辺機器」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース