米国、冬の嵐でマルウェア感染が増加

2017年3月21日 00:21

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

米国では14日、冬の嵐「Stella」により、ニューヨーク州イリオンで1時間に約18センチの積雪が観測されるなど、北東部を中心に1メートルを超える大雪となった、Enigma Software Group(ESG)の観測によれば、Stellaは大雪だけでなくマルウェア感染の増加ももたらしたそうだ(ESGのブログ記事BetaNewsの記事)。

この観測結果は、同社が販売するスパイウェア対策プログラム「SpyHunter」のマルウェア検出データによるもので、Stellaの到来前数日間の平均との比較では14%~90%の増加がみられたそうだ。特に増加率が高かったのはコネチカット州で、91.47%増加。ニュージャージー州(88.25%増)、ニューヨーク市(83.43%増)、ペンシルベニア州(79.18%増)が続く。

マルウェア感染増は大雪で学校や仕事が休みになったことで、自宅でインターネットを使用する人が増えたためとみられる。同様の現象は昨年1月に冬の嵐「Jonas」が到来した際も観測されているとのことだ。

 スラドのコメントを読む | idleセクション | セキュリティ | idle

 関連ストーリー:
ロシアのDDoS攻撃代行サービス、料金は1日60ドル 2017年03月16日
「偽ランサムウェア」による攻撃が増加 2017年02月06日
サイバー攻撃でキーカードシステムを乗っ取られたオーストリアの豪華ホテル、身代金を支払って解決 2017年02月03日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードアメリカマルウェアニューヨーク

「セキュリティ・プライバシー」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース