欧州為替:ドル・円は112円59銭から112円90銭で推移

2017年3月20日 21:11

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*21:11JST 欧州為替:ドル・円は112円59銭から112円90銭で推移
 20日のロンドン外為市場では、ドル・円は112円59銭から112円90銭までじり高に推移した。欧州株が全般的に下落し、米国10年債利回りがほぼ横ばい推移するなか、持ち高調整とみられるドルの買い戻しが優勢になった。


 ユーロ・ドルは1.0771ドルから1.0750ドルまで下落。仏大統領選に関する最新の世論調査で支持率が極右ルペン氏27%、中道マクロン氏23%となり、差が広がったことを懸念したユーロ売りが優勢になった。ユーロ・円は121円24銭から121円43銭で推移した。


 ポンド・ドルは1.2426ドルから1.2379ドルまで下落。EU離脱手続き発動後のハードブレグジット懸念が引き続き圧迫か。ドル・スイスフランは0.9970フランから0.9986フランで推移した。《KK》

広告

広告

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告