東京為替:ユーロ・円は小じっかり、ECB早期利上げ観測継続

2017年3月20日 16:19

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*16:19JST 東京為替:ユーロ・円は小じっかり、ECB早期利上げ観測継続

 ユーロ・円は小じっかりの値動きで本日の高値を更新し、一時121円39銭まで上昇。前週から続く欧州中央銀行(ECB)の早期利上げ観測浮上を背景にユーロは買われやすい地合いであり、ユーロ・円の上昇がドル・円の上げにつながっているもよう。ただ、16時に発表された独・2月生産者物価指数の前月比伸びが予想以上に鈍化しており、ユーロはやや上値が重くなっているようだ。


 ここまでのドル・円の取引レンジは112円48銭から112円76銭。ユーロ・円は120円94銭から121円39銭、ユーロ・ドルは1.0733ドルから1.0773ドルで推移。《KK》

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース