マーキュリアインベストメントは未定としていた今期17年12月期連結業績予想を発表

2017年3月20日 13:20

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■今期連結業績予想は2ケタの増収増益を見込む

 マーキュリアインベストメント<7190>(東マ)は17日、未定としていた今期17年12月期連結業績予想を発表した。

 今期業績予想の営業収益は31億円(前期比23.0%増)、営業利益15億円(同17.2%増)、経常利益14億50百万円(同16.2%増)、純利益10億50百万円(同23.0%増)と2ケタの増収増益を見込む。

 これまで業績予想を控えていたが、ファンド運用事業において一部成功報酬の金額及び期間帰属が確定することが高く見 込まれることとなり、業績予想を合理的に行うことが可能となったので開示することとなった。

 発表が場中の午後2時であったことから、株価は急騰し前日比119円高の1699円で引けている。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【編集長の視点】スタジオアタオは反落も独自ビジネスモデルの高評価が続き直近IPO株買いで上値チャレンジ余地(2017/01/10)
【株式評論家の視点】アグレ都市デザインは価格以上の価値を顧客に提供できることが強み(2017/01/11)
【株式評論家の視点】ジェイリースは来期も2ケタ増収増益を観測、短期的に騰勢を強めそうな態勢(2017/01/13)
【編集長の視点】グッドコムAは続落も増収益転換業績を手掛かりに最安値水準から超割安直近IPO株買いの再燃が有力(2017/01/13)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

「個別株」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告