ソフト99は17日、5万株を上限とする自社株買いを発表

2017年3月20日 13:16

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■取得期間は3月21日から6月30日まで

 ソフト99<4464>(東2)は17日、5万株を上限とする自社株買いを発表した。

 同社の株主還元は「安定・継続的な配当」および「配当性向は連結当期純利益の25%以上、自己株式の取得を含めた総還元性向は30%を目安とする」という基本方針を掲げている。そのため、基本方針の達成に向けて取り組むために今回の自己株式の取得を実施することになった。

 取得期間は、3月21日から6月30日まで。取得価額の総額は、50百万円を上限としている。

 2月3日に発表された今期17年3月期第3四半期連結業績は、売上高170億42百万円(前年同期比0.7%増)、営業利益18億63百万円(同0.6%増)、経常利益20億08百万円(同0.5%増)、純利益13億63百万円(同7.8%減)であった。

 通期連結業績予想に対する進捗率は、売上高76.1%(前年同期76.8%)、営業利益84.7%(同82.3%)、経常利益84.4%(同82.0%)、純利益86.3%(同83.3%)となっていることから、ほぼ計画通りと思われる。

 配当に関しては、年間20円と2円の増配を予想している。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【編集長の視点】スタジオアタオは反落も独自ビジネスモデルの高評価が続き直近IPO株買いで上値チャレンジ余地(2017/01/10)
【株式評論家の視点】アグレ都市デザインは価格以上の価値を顧客に提供できることが強み(2017/01/11)
【株式評論家の視点】ジェイリースは来期も2ケタ増収増益を観測、短期的に騰勢を強めそうな態勢(2017/01/13)
【編集長の視点】グッドコムAは続落も増収益転換業績を手掛かりに最安値水準から超割安直近IPO株買いの再燃が有力(2017/01/13)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

「個別株」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告