東京為替:ドル・円は弱含み、材料難で売り継続

2017年3月20日 12:21

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*12:21JST 東京為替:ドル・円は弱含み、材料難で売り継続
20日午前の東京外為市場では、ドル・円は弱含み。東京市場が春分の日で休場となり、材料難から売りが続いた。

ドル・円は前週末NY市場で売り基調となり、112円57銭まで下落。週明けアジア市場では安値圏でもみあった後、一時112円48銭まで値を下げた。

東京市場の休場でドル買い材料は乏しく、薄商いのなか112円半ばでの推移が続く見通し。午後は方向感の乏しい値動きが予想される。

ここまでのドル・円の取引レンジは112円48銭から112円76銭、ユーロ・円は120円94銭から121円15銭、ユーロ・ドルは1.0733ドルから1.0760ドルで推移した。《MK》

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告