作曲した楽曲が別人の作曲物として登録、作曲者がJASRACを提訴

2017年3月17日 17:14

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 自身が作曲した楽曲が、別人の作曲者名義で日本音楽著作権協会(JASRAC)に登録されていたとして、アイドルグループに楽曲を提供していた作曲家がJASRACを提訴した。この楽曲についての著作権使用料を徴収しないよう求めているという(ハフィントンポスト)。

 楽曲の作詞を担当した人物が、自分が作曲者であると偽って音楽出版社と契約を結び、その音楽出版社がJASRACに著作権管理信託を行ったと見られるという。

 スラドのコメントを読む | YROセクション | YRO | 著作権

 関連ストーリー:
JASRAC、結婚披露宴向けの映像制作会社に対し著作権侵害を主張 2017年03月13日
歌詞を掲載して解説していたブログに対しJASRACが削除依頼、ブログ著者は引用と主張 2017年02月24日
大手音楽教室運営者ら、JASRACの音楽教室からの著作権料徴収に反対する団体を結成 2017年02月07日
JASRAC、音楽教室から著作権料徴収を行うことを計画中 2017年02月02日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード著作権JASRAC

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース