米FRBの金融政策の行方

2017年3月15日 15:37

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*15:37JST 米FRBの金融政策の行方
 市場関係者の全員が今回のFOMC会合で0.25ポイントの利上げが決定されることを想定しており、市場の関心はFOMCの声明内容や経済・金利に向けられている。2017年における利上げは3月を含めて3回との見方が一般的だが、現時点でインフレ加速の兆候は表れていないことから、FOMC予測で2018年以降の金利見通しが上方修正されるとの予断は持てないとの声が聞かれている。

 市場関係者の一部は、2017年における米連邦準備理事会(FRB)の金融政策は金利調整が主体となり、2018年以降はバランスシートの段階的な縮小(市場からの資金吸収)が主体となると考えている。それゆえに2018年における利上げは年2回程度にとどまると予想している。インフレが進行した場合、2018年は年4回の利上げもあり得るとの見方は少なくないが、バランスシートの縮小作業と利上げの同時進行は景気悪化を招く可能性があり、トランプ政権の理解を得ることは難しいとみられる。《MK》

「注目トピックス」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース