三菱重工が7%高、造船分社化の報道に大きく出直る

2017年3月14日 09:28

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■まず提携などの構造改革を行うと伝えられる

 三菱重工業<7011>(東1)は14日、大きく出直る始まりとなり、取引開始後に7%高の481.4円(32.6円高)をつけて出来高も急増している。「2018年度に造船事業の分社化を検討していることが明らかになった」(日本経済新聞14日付け朝刊)と伝えられ、構造改革などに期待する動きがある。

 報道によると、「7月に組織再編や今治造船など造船専業3社との提携など構造改革を実施する予定で、その成果や課題を踏まえて、設計や営業など造船事業全体を分社するかどうかを18年度までに決める考え」。「その上で、本体に残る設計部門や営業部門、下関造船所(山口県下関市)の建造部門の分社を検討する。分社後の新会社には提携する今治造船、大島造船所、名村造船所から出資を受けることも視野に入れる」という。

 昨年来の高値は571.4円(2016年12月)。すでに1年近く下値を400円前後として反発する展開が続いており、悪材料よりも好材料に反応しやすい地合いとの見方がある。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【編集長の視点】エルテスは続落も新サービス提供開始で成長可能性を見直し直近IPO株買いの再燃が有力(2017/01/06)
【株式評論家の視点】キャリアは「働き方改革」の推進で、アクティブシニアの就労機会を創出(2017/01/07)
【編集長の視点】スタジオアタオは反落も独自ビジネスモデルの高評価が続き直近IPO株買いで上値チャレンジ余地(2017/01/10)
【株式評論家の視点】アグレ都市デザインは価格以上の価値を顧客に提供できることが強み(2017/01/11)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

「個別株」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告