日経平均テクニカル:支持線キープで煮詰まり感

2017年2月17日 18:15

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*18:15JST 日経平均テクニカル:支持線キープで煮詰まり感
続落。5日線を割り込んで始まると、その後は25日線に接近する場面をみせている。ただ、同線が心理的な支持線として機能する格好となり、5日、25日線を挟んでのこう着となった。ボリンジャーバンドでは+1σと中心値(25日)との攻防。一目均衡表では転換線、雲上限、基準線が支持線として意識されている。遅行スパンは実線の調整に沿った形で下降しており、上方シグナル発生が確定していない。MACDは陽転シグナルが継続しているが、シグナルとの乖離が縮小してきている。週間形状では上昇する13週線が支持線として機能している。19500円が上値抵抗として意識される一方で、13週線の切り上がりに沿った形で下値を切り上げており、煮詰まり感が台頭している。《SK》

関連する記事

「東京株式市場」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告