【株式市場】海外情勢に不透明感あり日経平均は2日続落だが好業績株などは強い

2017年2月17日 15:46

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

◆日経平均の終値は1万9234円62銭(112円91銭安)、TOPIXは1544.54ポイント(1.30ポイント安)、出来高概算(東証1部)は20億2929万株

 17日後場の東京株式市場は、金正男氏の事件を巡る情勢やパレスチナに対する米国の姿勢などが流動的で、土・日のあいだに突発的な展開もあり得るため、様子見に転じる姿勢があり、日経平均は140円安から90円安(1万9200円から1万9250円)前後の間で大引けまで弱もみ合いを続け、2日続落となった。東証マザーズ指数は軟調に転じたが、東証2部指数、日経JASDAQ平均は高い。

 後場は、セイコーホールディングス<8050>(東1)やオープンハウス<3288>(東1)が大手証券による目標株価を機に四半期業績を見直す動きとされて一段と出直りを強め、あじかん<2907>(東2)は好業績を背景に連日の上場来高値。MRT<6034>(東マ)は四半期業績の進ちょく率などが言われて一段ジり高。2月10日上場の安江工務店<1439>(JQS)は上場後の下値が固いと再注目されて高値を更新。

 東証1部の出来高概算は20億2929万株(前引けは10億70万株)、売買代金は2兆122億円(同9117億円)。1部上場2002銘柄のうち、値上がり銘柄数は887(777)銘柄、値下がり銘柄数は963(1036)銘柄。

 また、東証33業種別指数は11業種(前引けは8業種)が値上がりし、値上がり率上位の業種は、食料品、ゴム製品、水産・農林、サービス、その他製品、空運、その他金融、精密機器、などだった。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【編集長の視点】エルテスは続落も新サービス提供開始で成長可能性を見直し直近IPO株買いの再燃が有力(2017/01/06)
【株式評論家の視点】キャリアは「働き方改革」の推進で、アクティブシニアの就労機会を創出(2017/01/07)
【編集長の視点】スタジオアタオは反落も独自ビジネスモデルの高評価が続き直近IPO株買いで上値チャレンジ余地(2017/01/10)
【株式評論家の視点】アグレ都市デザインは価格以上の価値を顧客に提供できることが強み(2017/01/11)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

「東京株式市場」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース