三菱地所が売買単位を100株に変更、4月1日から

2017年2月17日 11:37

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■前場は全体相場が重く大手不動産株はそろって軟調

 三菱地所<8802>(東1・売買単位千株)は17日の前場、2291.5円(19.5円安)を上値に小動きとなった。16日の取引終了後、単元株式数(1売買単位の株数)を現在の1000株から2017年4月1日をもって100株に変更すると発表したが、日経平均の108円安など全体相場が重く、株価指数に連動運用するファンドなどによる機械的な売買の影響を受けたとの見方が出ている。大手不動産株はそろって軟調(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【話題】トランプ米大統領の就任演説(2017/01/23)
【村山貢司の気象&経済歳時記】2017年も異常気象に悩まされる年?(2017/01/02)
【鈴木雅光の投信Now】セゾン投信「ゆうちょダイレクト」での販売開始(2017/01/11)
【ドクター箱崎幸也の健康増進実践法】高齢者定義の見直し(2017/01/13)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

「個別株」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告