オプテックスグループは15日続伸基調、今期2ケタ増益の見込みなど好感

2017年2月17日 11:17

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■株式報酬制度の導入など好材料の発表続く

 自動ドア用センサーなどのオプテックスグループ<6914>(東1)は17日、11時にかけて3140円(10円高)前後で売買をこなし、昨日までの14日続伸に続いて続伸基調となっている。2月に入り、子会社の業績予想の増額、12月期連結決算の発表、株式報酬制度の導入を相次いで発表し、好感買いが衰えないようだ。浮動株比率が9%台であることなども連騰の要因とされている。

 前12月期は増収減益だったが、今期・2017年12月期の業績見通しは売上高を前期比15%の増加とし、営業、経常利益は同23%の増加、純利益は同38%の増加を見込む。予想1株利益は144円10銭。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【話題】トランプ米大統領の就任演説(2017/01/23)
【村山貢司の気象&経済歳時記】2017年も異常気象に悩まされる年?(2017/01/02)
【鈴木雅光の投信Now】セゾン投信「ゆうちょダイレクト」での販売開始(2017/01/11)
【ドクター箱崎幸也の健康増進実践法】高齢者定義の見直し(2017/01/13)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連する記事

「個別株」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース