【FISCOソーシャルレポーター】個人投資家元・社長:法整備の進行や知名度の上昇から再び脚光を浴びるビットコイン関連銘柄

2017年2月17日 10:05

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*10:05JST 【FISCOソーシャルレポーター】個人投資家元・社長:法整備の進行や知名度の上昇から再び脚光を浴びるビットコイン関連銘柄

以下は、フィスコソーシャルレポーターの個人投資家元・社長氏(ブログ「元投資顧問会社社長のチラシの裏」)が執筆したコメントです。フィスコでは、情報を積極的に発信する個人の方と連携し、より多様な情報を投資家の皆様に向けて発信することに努めております。

----

※2017年2月16日11時に執筆


一時期暴騰し、急速に価値を高めたビットコイン。最近では他のテーマの影に隠れ、存在感が薄れていましたが、出遅れていた法整備が進み、2017年7月からビットコインへの消費税が非課税になるなど、今後は現金から電子マネー、仮想通貨への移行が進む事が予想されます。

仮想通貨、電子マネーのさらなる普及を前に、再びビットコイン関連銘柄を深堀特集してみます。


■ビットコインはなぜあれほど注目されたのか?
P2P(Peer-to-peer)技術、公開鍵暗号などの暗号技術を用いており、さらにブロックチェーン技術も関係した、透明性、公正な取引が可能。これまでのロスチャイルド一族による通貨発行権(この辺りはやや陰謀論じみているので詳しくは説明しませんが)の独占状態から脱却出来るのではないか、という憶測などから非常に注目を集めています。

▽投機対象としての人気
ビットコインは株取引と同じように、需給関係で価値が変動します。当初は1BTC数十円程度だったものが、2011年に3千円に急騰。2015年の1月に1BTC2万円だったのが、2016年に入って4万円まで高騰しました。そのような急騰もありますし、変動幅が比較的大きく、投機対象として注目を集めました。


■海外でのビットコインの扱い
・世界中の30カ国以上でそれぞれの通貨に交換でき、2016年の時点で1日18万BTC(64億円)の売買取引実績。

・米国ではAmazonなど大手企業でもビットコイン決済を導入。送金や、飲食店などでの支払いでも用いる事が可能。

2016年6月、イギリスの国民投票で、EU離脱派が過半数を占めた際には世界経済に動揺が走りましたが、その際、国家の政策の影響を受けないビットコインが多く買われました。今後もEUを離脱する国が出てこないとも限りません。その際は再びビットコインに注目が集まる可能性は高いと考えられます。

また、ポーランドではビットコイン事業がビジネスとして認められるなど、仮想通貨規制は一歩前進しており、世界的な流れでビットコインと関連銘柄への注目は高まっています。


■仮想通貨は将来有望と考えられる
比較的長い目で見れば、現金が電子マネーや仮想通貨に置き換わる将来は容易に想像出来ます。

現在の日本ではビットコインが使える店舗が限られている事から、決済方法としての利便度は高くありませんが、2017年7月よりビットコイン消費税を非課税にするとの方針が打ち出されました。

ビットコインは人民元での取引が過半数を超えています。これは、自国の通貨、人民元への不安感から人民元をビットコインに交換する動きが強くなっているからと考えられ、今後人民元の信用を不安視する声が増える事で、さらに「人民元→ビットコイン」への交換の動きが広がるでしょう。

前述したように、日本においても、消費税非課税になる事でさらにビットコインの流動性が高まり、それに付随してビットコイン関連銘柄への注目も再び高まるのではないでしょうか。世界の動向と、日本国内での法整備により、今後ビットコイン関連銘柄が再び市場の注目を集める日が来そうです。

ではそのビットコイン関連銘柄の中で、特に有望と考えられる銘柄を挙げてみたいと思います。


■ビットコイン関連銘柄
▽セレス<3696>
ビットコイン取引事業を行う国内大手取引所、bitFlyer(ビットフライヤー)と業務提携した事により、ビットコイン関連銘柄として注目を集めています。

▽GMOペイメントゲートウェイ<3769>
同社も上述のbitFlyerに出資し、資本業務提携を結んでいます。日本の決済事業者として初めてビットコインによる決済サービスの受付を開始しており、EC事業者に決済手段としてビットコイン決済を提供している事から、今後の動向に期待が持てるでしょう。

▽フィスコ<3807>
仮想通貨取引所を運営。将来的には仮想通貨を利用した金融派生商品の開発・運用など、仮想通貨を利用したサービスサービスを提供する仮想通貨のハブとなることを目指すとしています。

▽GMOメディア<6180>
同社もbitFlyerと業務提携しています。運営するポイントサイト「ポイントタウン」にてビットコインと交換可能なサービスを開始しています。

▽その他のビットコイン関連銘柄一覧
ボヤージュ<3688>
ロックオン<3690>
リアルワールド<3691>
IIJ<3774>
OKウェイヴ<3808>
リミックスポイント<3825>
インフォテリ<3853>
JIG-SAW<3914>
アイリッジ<3917>
メタップス<6172>
三菱UFJ<8306>
Jトラスト<8508>
トレイダーズ<8704>
GMOインターネット<9449>

当ブログでは、個人的に注目しているテーマ関連株の深掘り、個別銘柄の考察、世界経済の今後の流れ、投資全般に役立つ情報を定期的に発信しています。チャート画像付きでの解説などもありますので、ブログも併せてお読み頂けますとより深くご理解頂けるかもしれません。

「投資顧問会社社長 ブログ」で検索してもらえれば、当ブログ「元投資顧問会社社長のチラシの裏」が出てくると思います。


----

執筆者名:元・社長
ブログ名:元投資顧問会社社長のチラシの裏《KS》

関連する記事

「個別株」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告