中国:1カートン6万円も、北京で“超高級たばこ”密売横行

2017年2月17日 09:35

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*09:35JST 中国:1カートン6万円も、北京で“超高級たばこ”密売横行
中国北京市の酒・たばこ販売店で1カートン2000~4000人民元(約3万3000~6万6000円)もする超高級たばこの密売が横行している。同国では、国家煙草専売局が2012年、1カートン1000人民元を超える価格でたばこを販売することを禁じたため、こうした超高級たばこの販売は取り締まりの対象となる。北京晨報が15日付で伝えた。
中国ではかつて、超高級たばこが贈収賄に使われるなどして問題となり、専売局が価格に制限を設けた。これによって、「黄鶴楼1916」「南京九五至尊」といった国産高級ブランドのたばこも、一時は1カートン1000元以下で販売されるようになった。しかし、北京では規則を破って再び、超高額のたばこが闇で売買されるようになっているという。
超高級たばこを扱う店は、店頭に堂々と価格を表示しているケースもあれば、客に聞かれなければ売っていることを明かさないケースもある。「輸出専用」などのラベルが付いている超高級たばこも扱っているが、こうした製品を国内で売ることは違法だ。販売店によると、こうした超高級たばこは今年の春節(旧正月)連休前後に贈答用などとしてよく売れた。

【亜州IR】《ZN》

「注目トピックス」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告