ANAホールディングスは「重要な経営課題で会見」と伝わり後場7%安

2017年2月16日 13:07

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■ただ、国内の航空で初の成田・メキシコ直行便は好感する動きが

 ANAホールディングス<9202>(東1)は16日の後場、ストンと値を消して始まり、取引開始後に7%安の305.0円(23.7円安)まで軟化した。前場は堅調に始まったが、10時過ぎに軟調転換。通信社の報道として、「全日空、重要な経営課題について午後3時に会見、社長出席」と伝えられたようで、手控える動きが広がったようだ。

 ただ、同社は15日付で、成田-メキシコ市線を同日開設したと発表。「日本とメキシコをノンストップで結ぶ定期便の運航は日本の航空会社では初めて」(時事通信)とされ、期待する動きはある。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【株式評論家の視点】アグレ都市デザインは価格以上の価値を顧客に提供できることが強み(2017/01/11)
【株式評論家の視点】ジェイリースは来期も2ケタ増収増益を観測、短期的に騰勢を強めそうな態勢(2017/01/13)
【編集長の視点】グッドコムAは続落も増収益転換業績を手掛かりに最安値水準から超割安直近IPO株買いの再燃が有力(2017/01/13)
【編集長の視点】シンシアは続落も初決算発表を先取り最高業績観測を手掛かりに直近IPO株買いの再燃が有力(2017/01/16)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連する記事

「個別株」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース