出光興産は5日続伸基調となり2007年以来の高値、経営統合への期待強まる様子

2017年2月16日 09:26

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■創業家側の代理弁護士辞任が伝えられてから続伸中

 出光興産<5019>(東1)は16日、5日続伸基調の始まりとなり、取引開始後に3675円(135円高)をつけて1月27日以来約3週間ぶりに2007年以来の高値を更新した。このところ原油価格が強含んでいるため追い風になっているが、続伸を開始した日と昭和シェル石油<5002>(東1)との経営統合を巡って出光興産の創業家側の代理人・浜田卓二郎弁護士が辞任と伝えられた日が同一のため、経営統合に向けた作業進展が株高要因との見方もある。

 信用売り残を光代直近は120万株を超えており、買い残の65万株を大きく上回っている。このまま株価が強ければ売り建て投資を手仕舞うための買い注文が増えることが予想され、こうした買いの埋蔵量は膨大名状況になっている。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【中期経営計画と株価】クリーク・アンド・リバー社は中期成長戦略で18年2月期営業利益30億円をイメージ(2016/12/30)
【小倉正男の経済コラム】トランプ氏の「社会主義市場経済」(2017/01/08)
【作家・吉田龍司の歴史に学ぶビジネス術】常識を疑え!「長篠の戦い」に隠された衝撃の新事実(2016/12/27)
【どう見るこの相場】トランプ就任演説控えて様子見ムード、仕掛け的な動きに注意(2017/01/16)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連する記事

「個別株」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース