旭化成は通期の業績見通し増額など好感され後場高値に迫る

2017年2月7日 15:07

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■通期の予想営業利益は従来比6%引き上げて1530億円に見直す

 旭化成<3407>(東1)は7日の13時に第3四半期の連結決算(2016年4~12月)を発表し、3月通期の業績見通しを全体に増額修正。営業利益の見通しは従来の1450億円を6%引き上げて1530億円に見直した。株価は発表後に急動意となり、それまでの1035円(5.5円高)前後から1070.0円(40.5円高)まで上げて1月27日につけた昨年来の高値1099.5円に迫った。

 発表によると、4~12月は、10月頃まで続いた円高の影響に加え、医薬事業において薬価改定の影響を受けたことや、エレクトロニクス事業でPolypore買収に伴うのれん償却費等を計上したことなどから、売上高は前年同期比6.3%減少して1兆3568億円となり、営業利益は同じく9.9%減の1141億円となった。

 ただ、3月通期の見通しは、「マテリアル」セグメントを中心に円安の影響を受けることや、「ヘルスケア」セグメントなどで販管費を見直した結果、グループ全体として増収・増益となる見込みとし、通期の連結売上高は従来の1兆8300億円の見込みを400億円引き上げて1兆8700億円の見通し(前期比では3.7%減)とし、親会社株主に帰属する投機純利益は同じく990億円を70億円引き上げて1060億円(同15.5%増)の見込みとした。予想1株利益は75円90銭。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【編集長の視点】シンシアは続落も初決算発表を先取り最高業績観測を手掛かりに直近IPO株買いの再燃が有力(2017/01/16)
【株式評論家の視点】イワキは、新エネルギー分野でポンプの導入が注目(2017/01/18)
【株式評論家の視点】ベイカレント・コンサルティングは、新体制による稼働率回復で18年2月期の業績に対する期待高まる(2017/01/19)
【編集長の視点】エイトレッドは上場来安値から続急伸、3Q決算発表を先取り成長可能性を見直し直近IPO株買いが増勢(2017/01/24)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

「個別株」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース