日経平均は132円安でスタート、欧州株全面安を受けて売り先行

2017年2月7日 09:37

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;18844.12;-132.59TOPIX;1510.48;-9.94

[寄り付き概況]

 日経平均は下落して始まった。6日の欧米市場では、仏大統領選に向けた集会で、有力候補であるルペン氏が欧州連合(EU)離脱を公約に掲げたことから欧州株が全面安となり、米国市場も売りが波及した。外部環境が不透明のなか、インデックスに絡んだ売りから幅広い銘柄に売りが先行する格好。

 セクターではトヨタ<7203>決算や円高が嫌気され、輸送用機器が下落率トップ。原油相場の下落影響から鉱業が冴えない。その他、ゴム製品、繊維、金属、保険、食料品、石油石炭、精密機器、サービスが下落。一方で、海運、空運、パルプ紙、陸運が小じっかり。売買代金上位では、全般売り先行のなか、ソニー<6758>、ホンダ<7267>、デ・ウエスタン<4576>が堅調。《SK》

「東京株式市場」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース