トヨタとスズキ、環境や安全技術などで業務提携

2017年2月6日 17:20

小

中

大

印刷

 トヨタ自動車とスズキは6日、「環境技術」や「安全技術」などで業務提携に向けた検討を開始する覚書を締結したと発表した。

【昨年10月に】トヨタとスズキ、環境技術などで提携検討

 両社は、2016年10月12日の「両社の協力関係の構築に向けた検討開始」の発表以降、協業が可能な分野について協議してきたが、今回、「環境技術」「安全技術」「情報技術」「商品・ユニット補完」等に関して、協業の実現に向け、検討に入ることに合意。今後は、推進体制を立ち上げ、早期に業務提携の具体化を目指す。

 トヨタの豊田章男社長は、「遠州をルーツとする両社が『やらまいか』の精神を発揮し、世界中のあらゆる人が移動の楽しさを実感し、笑顔になれる『未来のモビリティー社会』の実現に向けて、協力していきたい」とコメント。スズキの鈴木修会長は、「トヨタが示してくれた熱意に応えるべく、スズキも全力で協議に臨み、具体的な協力関係を築くスタート地点に立つことができた。スズキと提携したことを良かったと思っていただけるような結果を目指したい」と語っている。

関連キーワードトヨタスズキ鈴木修

「自動車・二輪車・部品」の写真ニュース

企業・産業の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース