日経平均は48円高でスタート、引き続きメガバンクや証券、水産農林などが強い

2017年2月6日 13:02

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;18966.99;48.79TOPIX;1521.57;6.58

[後場寄り付き概況]

 日経平均は上昇に転じて始まったが、その後は先週末の終値を挟んでの攻防が続いている。ランチタイムの225先物は18940-18980円辺りでの推移をみせていたが、現物の後場寄り付き後は再びレンジを切り下げている。昼のバスケットは小幅に売り越しとの観測。円相場は1ドル112円35銭辺りでの推移に。

 セクターでは水産農林、銀行、証券、金属、保険、ガラス土石、海運が堅調。半面、その他製品、電力ガス、食料品、繊維、非鉄金属が小安い。売買代金上位では任天堂<7974>、Vテク<7717>、富士重<7270>、信越化<4063>、三菱電<6503>が軟調。一方で、ソフトバンクG<9984>、トヨタ<7203>、メガバンク3行、ヤフー<4689>、ソニー<6758>がしっかり。《SK》

「東京株式市場」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告