シャマラン監督最新作に23の人格持つ男が登場! 衝撃の結末については…

2017年2月3日 09:38

小

中

大

印刷

記事提供元:ムビコレ

 『シックス・センス』(99年)から『ヴィジット』(15年)まで、見事なオチで鬼才の名をほしいままにしてきたM.ナイト・シャマランが新たに放つ最新作『スプリット』。この映画の日本版特報映像と日本版ポスタービジュアルが解禁となった。

 ・[動画]解禁となった映画『スプリット』特報

 日本公開に先駆け、1月20日より全米3038館で公開となった本作は、オープニング3日間(1月20日〜22日)で全米興収4019万ドル(約45.7億円=1ドル113.7円換算)を記録し、初登場No.1の大ヒットスタートを切った。

 また、2週目もその勢いはとどまることなく、週末3日間(1月27日〜29日)で2565万5440ドルという興収を上げ、2週連続で1位に輝いている。シャマラン史上、2週連続で1位を獲得した作品は『シックス・センス』に次いで2作目。シャマランにとって、現段階ですでに、ここ7年で最高興収を稼いだ作品となっており、最終興行収入は『シックス・センス』と『サイン』に次ぐ、シャマラン作品で3位になることが予想されている。

 そして今回、解禁となった特報は、アニヤ・テイラー=ジョイ演じるケイシーら女子高生3人が、ジェームズ・マカヴォイ扮する謎の男に誘拐・監禁されてしまう緊迫の映像。3人が乗り込んだ車には謎の男の姿が! 彼女たちが男に「車を間違えてない?」と問いかけると、男は素早く催涙スプレーを吹きかけ、3人を連れ去る。

 実はこの男は23の人格を持っており、映像内だけでも、女子高生たちを誘拐した時の狂気に満ちた表情を見せる男の姿、女性らしい赤色のタートルネックとネックレスを身にまとった男、自身をヘドウィグと名乗り“9歳”だと語る男など、異なる人格を持つ男であることが確認できる。

 また、解禁となった日本版ポスターでは、ヒビが入ったガラスの破片の中に様々な表情を持つ男性の顔が映し出され、謎の男の狂気を感じることができるビジュアルになっている。

 映像の最後には「結末はゼッタイに内緒だよ」というシャマラン本人からのネタバレ禁止のお達しも! 全米を恐怖のどん底に陥れた、シャマラン史上最も衝撃のラストとは? 『スプリット』は5月12日より全国公開となる。

【関連記事】

 [動画]M.ナイト・シャマランがマット・ディロンと来日/海外ドラマ『ウェイワード・パインズ 出口のない街』来日記者会見
[動画]M.ナイト・シャマランも来日/『エアベンダー』 ジャパンプレミア
『ビトレイヤー』ジェームズ・マカヴォイ インタビュー
[動画]『ウォンテッド』のジェームズ・マカヴォイが来日!

関連キーワードジャパンプレミアM・ナイト・シャマランスプリット

「映画」の写真ニュース

エンタメの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_news

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース