エボラブルアジアがCtoC民泊サイト開設など好感され上場来高値を連日更新

2017年1月26日 10:59

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■1月26日にプレオープンし4月にグランドオープン

 航空券予約サイト運営などのエボラブルアジア<6191>(東マ)は26日、連日の上場来高値更新となり、10時30分過ぎに3330円(195円高)まで上げて売買活況となっている。25日付で、「民泊CtoCプラットフォームAirTrip(エアトリ)民泊プレオープン」と発表。期待が集まっている。

 発表によると、この民泊サイトは1月26日にプレオープンし、グランドオープンは2017年4月を予定。「日本人による日本人の為の民泊サイト」を掲げ、物件数は2018年に10,000件、2020年に30,000件を目指す、とした。

 業績は拡大が続く見通しで、今期・2019年9月期の連結純利益の予想は前期比75%の増加を見込み、連続で最高を更新する見込みだ。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
売り買い枯れるは反転の前ぶれ=犬丸正寛の相場格言(2016/12/17)
【どう見るこの相場】スピード調整色を強める可能性、目先的な過熱感を警戒(2016/12/19)
【中西文行の相場展望&注目銘柄】狙える!12月決算の大型株配当取り相場(2016/12/19)
【配当特集】ソーバルは連続増配見通しで配当利回り増す、押し目買い妙味膨らむ(2016/12/19)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

「個別株」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース