極寒のシベリアで米ファーストフード大手が白熱の戦い

2017年1月22日 22:16

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

パティも凍る極寒のシベリアで、米ファーストフード大手が熱い戦いを繰り広げているそうだ。マクドナルドをはじめ、KFC (ケンタッキーフライドチキン)やバーガーキングがシベリアの遠隔地への出店を積極的に進めている(Consumeristの記事)。

1990年にロシア1号店をオープンしたマクドナルドは、ゆっくりと着実に店舗数を増やしてきた。進出当時は原料の80%を輸入に頼っていたが、現在では85%がロシア国内で生産されたものだという。シベリアでは十数店をオープンしており、さらに拡大する計画だ。

一方、KFCは1990年代からロシア進出と撤退を繰り返していたが、2005年に地元レストランチェーンRostik'sと提携し、共同ブランド「Rostik's-KFC」として店舗を展開。2010年に店舗を買収してKFCへブランド変更し、以降は積極的に出店を進めている。シベリアでは17都市に71店舗を展開しているとのこと。

ConsumeristのMary Beth Quirk氏のシベリア在住の弟によれば、マクドナルドはモスクワ帰りの人が必ず話題にするほど人気があるのだという。シベリアではマクドナルドをはじめとするファーストフード店のハンバーガーの肉が、他の肉よりも美味だと思われていることが人気の理由のようだ。実際、トムスクにマクドナルドがオープンした際は数百人が列を作り、最初の24時間でおよそ6千人が食事をしたとのことだ。

 スラドのコメントを読む | idleセクション | ビジネス | idle

 関連ストーリー:
ビッグマック開発者、98歳で死去 2016年12月03日
イタリア・フィレンツェ歴史地区への出店を拒否されたマクドナルド、フィレンツェ市を訴える 2016年11月06日
バチカン・サンピエトロ広場付近にマクドナルドが出店計画、聖職者などは反発 2016年10月22日
シベリア鉄道を北海道まで延伸させるという話が出る 2016年10月03日
シベリアで炭疽病が発生し死者を出す。高温で永久凍土から溶けて菌が増殖? 2016年08月06日
タリバンがマクドナルドで食事しない理由 2016年05月05日
米マクドナルド、より大きなビッグマックとより小さなビッグマックを一部の店舗でテスト販売 2016年04月23日
本物の「ハンバーグラー」が米国に出現、ワッパー33ケースを盗む 2016年04月01日
バーガーキング提案の国際平和デー限定バーガー、マクワッパーからPeace Day Burgerへ 2015年09月06日
米バーガーキングが米マクドナルドに「バーガー戦争」終結を提案 2015年08月29日
アイルランド国宝「ケルズの書」の商標登録にバーガーキングが異議 2015年08月14日
ドイツのケンタッキーフライドチキン、販促グッズとしてシート状のBluetoothキーボードを開発 2015年05月21日
有機食品と偽ってマックを食べさせる実験、「マックと違って美味しい!」と評される 2014年10月27日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードマクドナルドバーガーキングロシア買収

関連する記事

「飲食業」の写真ニュース

企業・産業の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース