日経平均テクニカル:パラボリックは陰転シグナルを発生

2017年1月12日 18:15

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*18:15JST 日経平均テクニカル:パラボリックは陰転シグナルを発生
大幅に反落。5日線に上値を抑えられえる格好での調整が続き、支持線として意識されていた25日線を割り込んできている。一目均衡表では支持線として機能していた転換線を割り込んでいる。ボリンジャーバンドでは中心値(25日)を割り込んできたため、-1σとのレンジに移行するかを見極めたいところ。MACDは陰転シグナルが継続しているが、シグナルとの乖離が拡大してきている。パラボリックはSAR値にタッチしており、陰転シグナルを発生させた。価格帯別出来高では商いが積み上がっている19250-19450円辺りに跳ね返された格好となり、ここから18500円処まで商いが薄いため、売り仕掛け的な流れが強まりやすくなる。週足形状では19400-19600円処の積み上がりが上値抵抗として意識されてきており、早い段階でのリバウンドが待たれる。《FA》

「東京株式市場」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告