ユニファミマ 大幅反落、みずほ証券では投資判断を格下げ

2017年1月12日 13:55

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*13:55JST ユニファミマ---大幅反落、みずほ証券では投資判断を格下げ
ユニファミマ<8028>は大幅反落。みずほ証券が投資判断を「中立」から「アンダーパフォーム」に格下げしていることが嫌気されている。目標株価は6600円から6200円に引き下げ。当面は、経営統合作業の前倒しによるコスト増が先行する可能性が高いほか、夜間帯の労働力不足など、オペレーション面での改革を進める必要もあると指摘。現行の株価指標面には割高感があると判断のようだ。《SK》

「個別株」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告