ベルグアースは連日ストップ高、提携によるアジア展開などに期待膨らむ

2017年1月12日 13:30

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■1年近く続く小動きの相場が一変し新たな相場形成の兆しとの見方も

 「接ぎ木」技術による種苗のベルグアース<1383>(JQS・売買単位100株)は12日の前場、朝方からほとんどストップ高の1413円(300円高)で推移し、2日連続ストップ高。手掛かり材料としては、11日付の日本経済新聞朝刊・地方経済面で、同社がタイ国の財閥大手、チャロン・ポカパン(CP)グループと業務提携し、2019年には両社で中国に合弁会社を設立して事業を拡大する、などと伝えられたことが挙げられている。

 当面の業績は低空飛行が続く印象だが、株価はすでに1年近く底練り型の小動きを続けており、業績動向は織り込んでいるとの見方がある。連日ストップ高となり、これまでの値動きが一変しているため、新たな相場を形成する兆しとの見方もある。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【業績でみる株価】アルトナーはボックス上放れの動き、17年1月期第2四半期累計が増収増益で通期増額余地(2016/09/08)
【業績でみる株価】PR TIMESは底打ち反転の期待、17年2月期第2四半期累計の増額修正を発表(2016/09/08)
ゼリア新薬工業は基調転換確認して戻り試す、17年3月期増収増益・増配予想、9月末の株主優待も注目(2016/09/09)
【注目銘柄】マーベラスはゲーム関連で配当利回り妙味が増す(2016/09/09)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

「個別株」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告