経済 RSS

 

韓国政治情勢の混乱続けば経済活動に影響と懸念、経団連・榊原会長

2017年1月12日 10:04

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 日本経済団体連合会の榊原定征会長は10日の記者会見で、韓国釜山の日本総領事館前の少女像の設置とこれに伴う長嶺安政駐韓大使らの一時帰国など、少女像を巡る一連の問題が経済界に与える影響について「日本経済への直接の影響は限定的」との見方を示した。

 榊原会長は、その一方で「ただ韓国では、朴槿恵(パク・クネ)大統領への弾劾など政治情勢の混乱が続いており、これがいつまでも続くようでは、日本企業の韓国での経済活動や韓国企業との経済交流に影響を及ぼしかねない」と、政治情勢の混乱が長引くことによる影響を懸念した。

 榊原会長は「2015年の日韓合意により、日韓両国は慰安婦問題が最終的かつ不可逆的に解決されることを確認した。この合意内容が誠実に履行されることが重要」と強調した。

 また、日米関係については「トランプ次期大統領の企業に対する一連の発言や行動は、米国の雇用を守るという趣旨からのものであると受け止めている」としたうえで「日本企業はすでに米国に4110億ドルにのぼる直接投資を行い、直接・間接含めて170万人の雇用を創出し、米国経済の発展と輸出の拡大に貢献している」と強調。

 榊原会長は「今後、産業促進的な政策の下で、規制改革、減税、インフラ投資により米国の事業環境がより魅力的で力強いものになれば、さらに対米投資が拡大し、雇用創出につながると思う。政策の透明性、継続性も重要であり、それらを加味した政策が打ち出されることを期待したい」と語った。

 また「相互理解促進のため、2017年も経団連としてのミッションを派遣し、ワシントンDCや各州において、政治家や米国経済界との対話を行い、自由で開かれた経済の重要性、日本企業の米国経済への貢献を発信していく」とした。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
対北朝鮮「日米韓緊密に連携していきたい」防相
安全保障では日韓協力を強化したい 稲田防衛相
釜山総領事館前の少女像設置に抗議、大使ら帰国
「日韓関係発展させる事で一致」韓国外交部強調
日韓合意履行へ 試される韓国政府の政治力

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード雇用韓国榊原定征日本経済団体連合会(経団連)朴槿恵慰安婦

「経済一般」の写真ニュース

経済の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_economy

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース