日韓関係悪化させたくない、両国政府に思い

2017年1月12日 10:06

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

聯合ニュースは「韓国の黄教安(ファン・ギョアン)大統領権限代行首相が10日の閣議で、旧日本軍の慰安婦問題について、『状況の悪化を招きかねない言動は自制することが韓日関係における未来志向の発展のために望ましい』と述べた」と報じた。日韓関係を悪化させたくないとの思いは両国政府にある。

 報道によると、黄大統領権限代行首相は「各界で両国関係を憂慮する声が出ている」とし「慰安婦被害者問題の合意は軍の関与、日本政府の責任認定、謝罪と反省の表明、そして履行措置として日本政府の予算を財源とする『和解・癒やし財団』の事業実施を通じ、慰安婦被害者の名誉と尊厳の回復、心の傷の癒やしを図ることが中心と説明。その上で、両国政府だけでなく、すべての利害当事者が合意の趣旨と精神を尊重しながら、韓日関係の発展のため引き続き努力していくことが必要だと強調した」としている。

 また韓国外交部の趙俊赫(チョ・ジュンヒョク)報道官の話として「10日の定例会見で、南東部・釜山の日本総領事館前に市民団体が設置した旧日本軍の慰安婦被害者を象徴する少女像について『外交公館の保護に関する国際儀礼や慣行を踏まえ、慰安婦問題を歴史の教訓として記憶する上で適切な場所について、政府や該当の自治体、市民団体などが知恵を集められるよう期待する』と述べた」と伝えた。

 政府は長嶺安政駐韓大使、森本康敬釜山総領事を一時帰国させるなどの措置を取っているが、自民党の二階俊博幹事長は10日の会見で「外交上、お互いにどこの国でもそういう対応をしばしば取ることがある。呼び返したからと言ってそのままにしておくのではなくて、大概の場合、用が済めば早くまた帰国の途につくということが通例。今回の場合もそんなに長く引っ張ることにはならないと思う」との見通しを示している。この問題が日韓関係全体に影響することは避けたいという思いは両国政府にあるもよう。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
「長く引っ張ることにはならないと思う」二階氏
韓国政治情勢の混乱続けば経済活動に影響と懸念
安全保障では日韓協力を強化したい 稲田防衛相
釜山総領事館前の少女像設置に抗議、大使ら帰国
「日韓関係発展させる事で一致」韓国外交部強調

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード韓国自民党二階俊博慰安婦和解・癒やし財団

「外交・国際関係」の写真ニュース

政治・社会の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_society

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース