欧州為替:ドル・円116円20銭台、米長期金利底堅い

2017年1月11日 19:11

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*19:11JST 欧州為替:ドル・円116円20銭台、米長期金利底堅い
 ドル・円は小じっかりの展開となり、足元は116円20銭台で推移している。欧州株式市場で主要指数が上昇に転じたほか、時間外取引の米株式先物もプラス圏に切り返した。また、米国10年債利回りは上昇し2.38%台で底堅く推移しており、ドル買い・円売りがやや優勢になっているもよう。


 ポンド・ドルは、1.2171ドルから1.2097ドルまで下落。英国の11月鉱工業生産、11月製造業生産が上振れかつ大幅なプラス転換となったが、カーニー英中銀総裁の議会緒言やトランプ氏の記者会見を控えて、ポンド買いは限定的となり、売りが優勢になったもよう。


 ここまでのドル・円の取引レンジは115円82銭から116円27銭、ユーロ・円は122円24銭から122円60銭、ユーロ・ドルは1.0527ドルから1.0560ドルで推移した。《KK》

関連する記事

「マーケット」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース