化女沼レジャーランドを廃墟のままテーマパークに、資金募集中

2017年1月11日 16:58

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 宮城県大崎市の廃業した遊園地「化女沼レジャーランド」を「廃墟テーマパーク」にするためのクラウドファンディングプロジェクトがスタートした( BIGLOBEニュース)。

 このプロジェクトはクラウドファンディングサイトCAMPFIREで資金募集を行っているもので、「日本で唯一となる廃墟のテーマパーク」を目指すという。目標金額は1億2000万円で、出資者へのリターンとしては入場券、土地のリース、施設の命名権などが提示されている。

 化女沼レジャーランドは1979年に開業したが、2000年に閉園。閉園後もそのまま放置されており、現在では廃墟と化している。2016年には買い取り手が募集されていた

 敷地内には温泉の源泉があり、プロジェクトでは温泉の早期立ち上げ、廃墟ツアーやサバイバルゲームなどの開催をまずは行い、レジャー施設としての開業を目指すという。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | ビジネス | インターネット | 娯楽 | お金

 関連ストーリー:
テーマパーク「SUPER NINTENDO WORLD」、2020年よりも前にオープン 2016年12月12日
『スタートレック・テーマパーク』ヨルダンに建設予定 2011年05月27日
としまえんのメリーゴーランド、「機械遺産」に認定される 2010年08月10日
多摩テック、今年9月いっぱいで閉鎖 2009年02月09日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード宮城県クラウドファンディング廃墟

関連する記事

「旅行・レジャー」の写真ニュース

ライフの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_fashion

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース