14時時点の日経平均は58円高、売買代金上位は任天堂、東芝、ソフトバンクなど

2017年1月11日 14:08

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*14:08JST 14時時点の日経平均は58円高、売買代金上位は任天堂、東芝、ソフトバンクなど
14時時点の日経平均は前日比58.34円高の19359.78円。TOPIXは前日比6.96pt高の1549.27pt。

業種別では買いが優勢。前日比+3.14%で鉄鋼が上昇率トップ、。その他、非鉄金属、石油石炭、その他製品、ガラス土石などが上昇率上位。一方、下落率トップは前日比-1.99%の水産農林。マイナス圏で推移しているのは、水産農林を含め8業種となっている。

東証1部の売買代金上位は、任天堂<7974>。その他、東芝<6502>、ソフトバンクグ<9984>、ソニー<6758>、トヨタ自<7203>、三菱UFJ<8306>、日本カーボン<5302>、宇部興産<4208>、大塚HD<4578>などが続く。

東証1部の騰落状況は値上がり940銘柄、値下がり933銘柄。値上がり率上位銘柄は、日本カーボン<5302>、キムラタン<8107>、オルトプラス<3672>、東洋炭素<5310>、パルグループ<2726>など。日本カーボンは前日比+19%超の上昇に。一方値下がり率上位は、サイバーコム<3852>、ケンコーマヨ<2915>、アリアケジャパン<2815>、GMOペイメント<3769>、PCI<3918>など。サイバーコムは前日比-7%超の下落となっている。《WA》

関連する記事

「東京株式市場」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース