東京為替:ドル・円は117円半ば、中国株高などを材料視

2017年1月9日 13:49

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*13:49JST 東京為替:ドル・円は117円半ば、中国株高などを材料視
ドル・円は小じっかりの展開となり、足元は117円50銭付近まで値を切り上げている。中国株の上昇や時間外取引の欧米株式先物のプラス圏推移を好感し、ややリスク選好的なドル買い・円売りの動きが強まった。ただ、アジア市場では材料難のため、足元の水準からさらに大きく上昇する展開は想定しにくい。

ここまでのドル・円の取引レンジは117円00銭から117円48銭、ユーロ・円は123円22銭から123円64銭、ユーロ・ドルは1.0522ドルから1.0545ドルで推移した。《MK》

「マーケット」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告