経済 RSS

 

高市総務相、ハガキ6月から62円に「必要な値上げ」

2017年1月9日 10:12

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 高市早苗総務大臣は日本郵便が今年6月から「ハガキ」を62円に引き上げることについて「必要な値上げ」との認識を示した。

 高市大臣は「今回の見直しは、郵便物が中長期的に減少する中、郵便事業の収支改善を図るために消費税率の改定による値上げを除いては、平成6年以来23年間据え置いてきた料金を値上げするということであり、その収支が大幅な赤字であることも踏まえると、ユニバーサルサービスの安定的な提供という観点からも必要な値上げだと考えている」と記者団の質問に答えた。

 また、ハガキでも年賀状に限っては52円で据え置く措置をとることについて、高市大臣は「年賀状は手紙文化を身近に感じていただける最大の機会。そういうことから、今回の料金の見直しでは年賀ハガキの料金を据え置くなど、個人利用者にも配慮したものになっている」と評した。封書も82円のまま据え置く。

 高市大臣は「日本郵便におかれては引き続き、経営の効率化、収益源の拡大、商品サービスの開発・改善に努めていただきたい。それによって、経営基盤の強化や利用者利便の向上に取り組んでいただくことを期待している」と語った。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
増える「店頭受け取り」需要 東急も導入へ
2017年に創業「300周年」を迎える企業は全国に22社も
宅配ボックス設置で再配達が招く社会的損失を解消できるか
進む年賀状離れ 2017年から1月2日の配達を中止
日本郵政、減収減益。ゆうちょ、かんぽが低迷

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード消費税高市早苗値上げ

関連する記事

「経済一般」の写真ニュース

経済の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_economy

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース