10時30分時点の日経平均は前日比15.48円安、東芝、シャープ、タカタ、三菱自と構造改革銘柄が強い

2017年1月5日 10:32

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*10:32JST 10時30分時点の日経平均は前日比15.48円安、東芝、シャープ、タカタ、三菱自と構造改革銘柄が強い
10時30分時点の日経平均は前日比15.48円安の19578.68円で推移している。ここまでの高値は9時32分の19615.40円、安値は10時03分の19542.73円。東証一部の売買代金は8000億円台と商いは本日も活況だが、売買一巡後は伸び悩んでいる。為替市場では、ドル・円が116円60銭台で推移するなど円高ドル安が進行。輸出関連銘柄の一角がマイナス圏で推移している一方、情報・通信、保険、空運が堅調に推移している。

全市場の売買代金上位銘柄では、トヨタ自<7203>、富士重<7270>、ソニー<6758>、ファーストリテ<9983>、ホンダ<7267>がさえない。一方、ソフトバンクグ<9984>、任天堂<7974>、東芝<6502>、みずほ<8411>、シャープ<6753>、三菱自<7211>、タカタ<7312>、マザーズのそーせい<4565>が買われている。

(先物OPアナリスト 田代昌之)《MT》

「東京株式市場」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース