NY為替:【NY午前外為概況】ドル・円は117円80銭から117円53銭まで下落

2016年12月29日 02:14

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*02:14JST NY為替:【NY午前外為概況】ドル・円は117円80銭から117円53銭まで下落
 28日のニューヨーク午前の外為市場でドル・円は、117円80銭から117円53銭まで下落した。この日発表の米国の11月中古住宅販売成約指数が、予想外かつ大幅な落ち込みとなったことで、米国債利回りが低下し、ドル売りが優勢になった。


 ユーロ・ドルは1.0404ドルから1.0380ドルまで下落。ユーロ・円は122円45銭から122円10銭まで下落した。対ポンドでのユーロ売りが波及した可能性。


 ポンド・ドルは1.2201ドルまで下落した後、1.2241ドルまで上昇。ドル・スイスフランは1.0294フランから1.0317フランまで上昇した。


[経済指標]
・米・11月中古住宅販売成約指数:前月比-2.5%(予想:+0.5%、10月:+0.1%)


[要人発言]
・クウェートのマールゾウク石油相
「減産監視委員会の初会合を1月21-22日にウィーンで開催する方向で調整中」《KK》

関連する記事

「マーケット」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース